1. トップ
  2. スタッフブログ
  3. 工場見学に行ってきました!明治(坂戸工場)編

スタッフブログ

その他
掲載日:2024年1月10日

工場見学に行ってきました!明治(坂戸工場)編

明治なるほどファクトリー 坂戸へ工場見学へ行ってきました

明治と言えば思い浮かぶのは何でしょうか。牛乳?ヨーグルト?チョコレート?お菓子?有名どころが過ぎて1商品ではとても表せません。

今回は、埼玉県坂戸市にある「(株)明治 坂戸工場」へ行ってきました。(※今回も、プライベートでのお話です。)

明治 坂戸工場は、10万平方メートル(東京ドーム 約2個分)の敷地を持つ、チョコレートやグミなどを中心に生産を行っている工場です。
皆さま、ご存じの「アポロチョコレート」はここでのみ生産されています。
また、今は西日本のみになってしまいましたが、カールもかつてここで生産されていました。

カールおじさんがお出迎え

予約必須。難易度高。ファミリーデー枠を利用

ちょうど1ヶ月前(11月26日 0時)に、冬休みのファミリーデー枠が予約枠として表示され、14時の回を予約しました。
Web予約状況を観察したところ、予約枠表示までの期間が短い(約半月の告知期間)ためか、開始直後の0時で予約が瞬殺されるのではなく、ゆっくり予約が埋まっていました。

工場見学は無料です。

交通手段と駐車場確保

場所的に、自家用車利用が多そうですが、駐車場はありません。
(工場見学予約完了時にメールで「近隣の駐車場を利用するよう案内(URL付)」があります。)

坂戸工場自体が、東京ドーム2個分の広さがあるため、近くの駐車場に駐めたとしてもそこそこ歩きます。
我が家の場合、1番近く辺りに駐めることができたと思いますが、工場まで12分ほど歩きました。
小さいお子さんがいる場合は、小さい子の歩くスピードを考えて現地到着時間を考慮してください。

電車・バスでも利用可能です。バスは「富士見六丁目」バス停があります。
バス停の椅子は、明治チョコレートでした。

工場見学の内容

見学内容は、ホームページに掲載のとおりです。(工場ゾーンは撮影禁止。待機場所周辺は撮影可。)

  1. 明治の紹介動画
  2. 明治の歴史の説明(動画と説明)
  3. 明治が考える健康とは(動画と説明)
  4. チョコレートができるまで(動画と説明)
  5. ファクトリーゾーン(明治板チョコアポロツインクル

対象年齢は4歳以上です。ホームページに記載がありますので、ご注意ください。
我が家の未就学児(6歳)は、アポロとツインクルで興奮していました。アポロの方が視覚的にわかりやすく見学できました。

所要時間は、おおよそ約90分ぐらいでした(2023年12月時点)。

行ってみてはじめて、工場のラインが稼働しているかがわかるため、稼働しているかしていないかは運です。
見学した回は、板チョコラインは停止していました。停止している場合は、動画による説明があります。

工場見学ゾーンの通路は、とてもかわいく作られており(残念ながら撮影禁止)、チョコの香りと相まって、全部が癒やし空間です。

見学中は、ずっとチョコの香りに全身が包まれます。
季節柄、予防のためのマスクをしていると、香りが全くわからないので、マスクはしない方が香りが楽しめるかなと個人的には思います。

見学したい場合の注意点

近隣の民間駐車場から工場までが遠いことでしょうか。
見学開始時間の15分前から入場可能になるので、15分前に到着することを目指して行くと良いかと思います。
我が家は予想外の渋滞に巻き込まれ、1番最後の入場になってしまい、危うく遅刻するところでした。

今回のお土産

アポロチョコレートと果汁グミでした。
特に、アポロは工場ラインを見たばかりのためか、通常販売されているものより「特別なもの」に感じられ、なんだか光り輝いて見えます。笑

おまけ。ウカール神社

見学開始する前に見ることができます。東日本では縁遠くなってしまった、カールおじさんのリアル神社です。
ご神体は巨大カール。大きすぎます。

アクセス

(株)明治 坂戸工場
〒350-0298 埼玉県坂戸市千代田5-3-1
TEL(見学予約専用)
049-283-1398(受付時間:祝日を除く月曜日~金曜日 9:00~16:30(12:30~13:30を除く)
見学時間
月曜日~金曜日 1日3回(9:30~、11:30~、14:00~)

情報をシェア
  1. 前の記事
  2. 一覧へ戻る
  3. 次の記事