1. トップ
  2. ビジネス支援
  3. 総合相談窓口
  4. 企業経営の未病改善

企業経営の未病改善

企業経営の未病改善とは

企業の経営状況は「健全」と「不振」を明確に区別できるものではありません。
この健全経営と経営不振の間を連続的に変化する状態が「企業経営の未病」で、下の図のようなグラデーションモデルで表すことができます。

中小企業・小規模企業の経営者の皆さまに、経営状況が下降する前にその兆しに気づき、早期に必要な対策(「企業経営の未病改善」)を講じていただくことが大切です。
未病の状態のどこにいても、少しでも健全経営にもっていこうとする取組が「企業の未病改善」です。

「企業経営の未病CHECKシート」とは

設問に答えることで、潜在的な経営上の将来リスクがわかるCHECKシートです。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/mibyo/documents/checksheet.html

企業経営の未病CHECKシートは、スマートフォンやパソコンからアクセスできます。チェック結果から、改善のヒントや改善のための施策情報も表示されます。いつでもどこでも経営状況のチェックができますので、ぜひ、ご利用ください。
チェックをしてみて気になることがあれば、当センターの専用相談窓口にお電話ください。

企業経営の未病CHECKシート(Web版)

https://www.me-byokeiei.jp/

「ご利用いただける支援制度」とは

企業経営の未病改善アドバイザー派遣

「企業経営の未病CHECKシート(Web版)」を利用し企業登録すると、Web上から簡単に、未病改善アドバイザー(専門家)の派遣を申し込めます。

専門家派遣を通して、企業経営の課題解決を図りますので、ご要望がありましたらご相談ください。

県制度融資の保証料補助

チェック結果をもとに、商工会・商工会議所または(公財)神奈川産業振興センターの支援を受けながら経営課題の改善に取り組むと、県中小企業制度融資における一部の信用保証料がさらに割り引かれます。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/m6c/cnt/f5782/me-byo.html

設備貸与制度の特例

チェック結果をもとに、(公財)神奈川産業振興センターの支援を受けながら未病改善に取り組むと、(公財)神奈川産業振興センターで実施している設備貸与制度を利用する際に、設備貸与期間を2年以内(上限10年間)で延長することが可能となります。

https://www.kipc.or.jp/business-support/funding/

お問い合わせ

担当:経営支援部 経営総合相談課 企業経営の未病相談ダイヤル
TEL:0120-918-709(フリーダイヤル)
FAX:045-633-5194
E-mail:me-byokeiei@kipc.or.jp