1. トップ
  2. DX(デジタルトランスフォーメーション)支援

DX(デジタルトランスフォーメーション)支援

DX(デジタルトランスフォーメーション)支援

新型コロナウイルス感染症の影響などによる、事業継続力の強化やビジネスモデル再構築、生産性向上が大きな経営課題の1つとなってきていることから、これらの課題を解決していくためDXの取組を支援します。身近なデジタル化(DX)を打ち出し積極的に働きかけます。

DXとは

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。(経産省2018年「DX 推進ガイドライン」より)

デジタル化チェックシートについて

本チェックシートは、分類ごとに用意したチェック項目への回答を通じて自社のデジタル化の課題や進捗状況を認識することで、皆さまのデジタル化に向けた取り組みを推進するものです。本チェックシートを活用し自社の状況を再確認してみてください。

自社のデジタル化の進み具合が遅れていると感じた企業、または早速、気づきを得てデジタル化に着手したいという企業に対してはDX支援アドバイザーを無料で派遣します。
同アドバイザーは、企業が抱えている現状の課題を整理し、デジタル化により期待できる効果を整理して助言を行います。さらにデジタル化に着手する企業には同アドバイザーにより日々運用できるレベルまで支援します。

※機器やソフトウエアの導入、ならびに、仕様書の作成など導入に掛かる諸費用は、ご自身でご負担ください。

DX支援アドバイザー

IT活用、日々本当に運用できるところまで支援します!DXアドバイザー
森 智亮 得意分野は、IT活用、事業計画策定、経営改善支援。「売上を伸ばしたい。経営を回復させたい。」そのためには、企業の「強み」を活かし、お客様に喜んでもらえる、他社とは違うビジネスモデルが作れるようにサポートを心掛けています。
濱田 良祐 得意分野は、IT活用、人材育成、事業計画策定。中小企業へのIT活用の提案にとどまらず、日々の運用に本当に活用できるところまで支援します。
小池 俊介 得意分野は、事業計画策定、創業支援、経営革新支援。地域金融機関(信用金庫)出身、資金調達、補助金活用、経営管理が得意です。
坪田 誠治 得意分野は、売上拡大、事業継承、事業計画策定。法人向けの販売力・営業力強化の戦略策定から実行支援に実績があります。

※ DX支援アドバイザーは中小企業診断士やITコーディネーター等の有資格者です。

KIPでの主な支援

相談

専門の支援アドバイザーが皆さまの疑問等にお応えします。

人材確保・育成

社内でDX、ITを担う人材(副業・兼業含む)の確保を支援します。

販路開拓

DX等新たな分野での取引先の確保に向けて、オンラインシステムを活用したオンライン商談ルームを開設(予定)し、取引あっせんを支援します。
また、DXを活用した新しい集客方法としてバーチャル商店街をオープンしました。

設備導入

DXに必要なハードウェアやソフトウェアなどの導入を支援します。