事業承継

2021年4月
神奈川県事業承継・引継ぎ支援センターが発足

神奈川県事業承継・引継ぎ支援センターは、神奈川産業振興センター(KIP)が、「産業競争力強化法」に基づき、 経済産業省関東経済産業局から委託を受けて実施している、国の事業です。

https://shoukei.smrj.go.jp/ (中小企業基盤整備機構ポータルサイト)

事業承継の相談をワンストップで

親族内承継+第三者承継+経営者保証解除支援

これまで、親族内承継を支援してきた「神奈川県事業承継ネットワーク」と、第三者による事業引継ぎを支援してきた「神奈川県事業引継ぎ支援センター」の機能を統合し、2021年4月より新たに「神奈川県事業承継・引継ぎ支援センター」として活動の場を広げました。
事業承継に悩む県内の中小企業を、目的に合わせた支援事業にて、全力でサポートいたします。

親族外承継、第三者への承継(M&A)
~事業者向けの専門相談機関~

概要

  1. 相談・支援体制
    1. 1) M&A、親族内、親族外承継などの専門家(統括責任者、サブマネージャー)を配置し、幅広く相談に対応します。
    2. 2) マッチングから引継ぎの最終契約締結まで一貫した取組みを支援します。
      M&A支援の専門機関(金融機関や民間仲介業者、士業法人等)を「登録民間支援機関」または、「マッチングコーディネーター」としてセンターへ登録し、中小企業との橋渡しをします。
      また、後継者不在の小規模事業者と起業家を引き合わせるため、「神奈川県後継者バンク」※1を設置しました。
    3. 3) (独法)中小企業基盤整備機構に設置された事業承継・引継ぎ支援全国本部が運用するデータベース(全国の譲渡する側と譲り受ける側の情報を登録)などを活用し、広域的なマッチングにも対処します。
    4. 4) 経営者保証の解除や免除に向けて中小企業の状況を整理し、きめ細やかなサポートとフォローを行います。

相談申込 受付時間 平日8:30〜17:15

■事業引継ぎ支援 相談予約申込書(PDF) ※事前予約制

※1 「神奈川県後継者バンク」
後継者を求めている個人事業主や小規模事業者と創業を目指す意欲ある起業家をマッチングし、後継者不在の事業者と起業家の創業実現を支援するこにより小規模事業の存続、地域経済活性化、雇用の維持を図ります。

後継者バンクへの登録申込みの流れ

後継者バンクへの登録申込みの流れの図

資料ダウンロード

連携創業支援機関一覧

機関名 担当部署
公益財団法人神奈川産業振興センター 事業部 経営支援課
公益財団法人横浜企業経営支援財団 経営支援部 経営支援課
公益財団法人川崎市産業振興財団 産業支援部 経営支援課 起業・経営支援係
公益財団法人相模原市産業振興財団 創業担当
公益財団法人横須賀市産業振興財団 経営支援担当
横浜商工会議所 中小企業相談部 運営企画担当
川崎商工会議所 中小企業振興部 川崎支所
相模原商工会議所 中小企業振興部 経営支援課
横須賀商工会議所 産業・地域活性課
鎌倉商工会議所 中小企業支援課
藤沢商工会議所 経営支援部 支援課
三浦商工会議所 中小企業相談所
厚木商工会議所 経営支援課
大和商工会議所 経営支援チーム
海老名商工会議所 経営支援1課
茅ヶ崎商工会議所 中小企業相談所
秦野商工会議所 業務課
小田原箱根商工会議所 中小企業相談部 経営支援課
平塚商工会議所 経営支援課
小田原市橘商工会 創業担当
逗子市商工会 経営指導課
伊勢原市商工会 支援1課
座間市商工会 経営支援課
南足柄市商工会 創業担当
寒川町商工会 支援グループ
大磯町商工会 創業担当
足柄上商工会 経営発達支援室
真鶴町商工会 経営指導員
湯河原町商工会 支援2課
城山商工会 創業担当
津久井商工会 経営指導員
二宮町商工会 創業担当
銀座セカンドライフ株式会社 アントレサロン
厚木市 産業振興部 産業振興課

親族内承継、経営者保証の解除
~地域の支援機関における事業承継支援の取組をサポートする機関~

中小企業・小規模企業が有する技術・ノウハウなどの経営資源や雇用の喪失を防ぐため、地域の各支援機関等と一層連携を強化し、県内全域のネットワークのもとに、中小企業・小規模企業の事業承継の早期・段階的な取組みの促進を図ります。

詳しくはこちらのURLをクリック → 神奈川県事業承継ネットワーク https://kanagawa-shoukei.jp (外部サイトを開きます)