1. トップ
  2. スタッフブログ
  3. 「サポかな」こぼれ話 ー もはやMr.よこはま?! 崎陽軒のしょう油入れ「ひょうちゃん」(2)

スタッフブログ

サポかな
掲載日:2021年9月 2日

「サポかな」こぼれ話 ー もはやMr.よこはま?! 崎陽軒のしょう油入れ「ひょうちゃん」(2)

    漫画家・横山隆一氏の手による初代の「ひょうちゃん」。栓はコルクだった

100年近くに渡ってブランドを維持できている理由

今では従業員数1,800人以上、2020年度には178億円を売り上げる崎陽軒。野並直文社長が「ただやみくもに事業拡大してきたわけではない」と語るように、商品を大切にするため、自社従業員による直接販売に絞ってきた。
また、これまで数々のコラボレーション弁当で話題をさらってきた。JR東日本との「ありがとう185系踊り子記念弁当」や、桂歌丸一門との「桂歌丸さんの愛した炒飯弁当2021」、横浜八景島との「ノリノリお絵かき シーウマイ弁当」などなど。
名物名所の創造というブレない経営姿勢が、ブランドを維持できている大きな理由の1つだろう。

コラボのお弁当に入るしょう油入れは、両者の思いが詰まった限定デザイン

「サポかな」9月号【原寸図鑑】、ぜひご覧ください。

(明日のブログに続く)

株式会社 崎陽軒

https://kiyoken.com

情報をシェア
  1. 前の記事
  2. 一覧へ戻る
  3. 次の記事