1. トップ
  2. ビジネス支援
  3. 事業継承
  4. 神奈川県事業承継ネットワーク

神奈川県事業承継ネットワーク

神奈川県事業承継ネットワークとは

「神奈川県事業承継ネットワーク」は、国(中小企業庁)の平成29年度新規事業「事業承継ネットワーク構築事業」に基づき、中小企業の円滑な事業承継を促すため、国のバックアップの下、県がリーダーシップをとり、(公財)神奈川産業振興センター(以下、KIPという。)が事務局となり、商工会・商工会議所、金融機関、中小企業支援機関等、士業団体、国・県・市町村が連携を強化し、地域を挙げて事業承継支援を実施するために設置されたネットワークです。

平成30年度は、「オール神奈川」の取組みとして「神奈川県事業承継支援戦略」を県とともに策定しました。神奈川県内の6地域(横浜、川崎、横須賀・三浦、湘南、県央、県西)において、地域の実情や意向を踏まえ、きめ細かな支援事業を既存の関係機関の連絡会議等とも適宜、連携・協力を図りながら事業承継支援に取組みます。

目的

中小企業・小規模企業が有する技術・ノウハウなどの経営資源や雇用の喪失を防ぐため、地域の各支援機関等と一層連携を強化し、県内全域のネットワークのもとに、中小企業・小規模企業の事業承継の早期・段階的な取組みの促進を図ります。

詳しくはこちらのURLをクリック → https://kanagawa-shoukei.jp/(外部サイトを開きます)