1. トップ
  2. トピックス
  3. 「伴走支援型特別融資」の融資対象者等を拡充して、 県内中小企業の資金繰りを支援します

トピックス

お知らせ
掲載日:2023年1月10日

「伴走支援型特別融資」の融資対象者等を拡充して、 県内中小企業の資金繰りを支援します

 県では、新型コロナウイルス感染症などの社会経済情勢の変化により、事業活動に影響を受けた県内中小企業者等を対象に、金融機関による継続的な伴走支援により、早期の経営改善につなげる「伴走支援型特別融資」を実施しています。このたび、国の制度改正に伴い、令和5年1月10(火曜日)から、融資対象者等を拡充して、県内中小企業の資金繰りを支援します。

1. 拡充後の「伴走支援型特別融資」のポイントと概要 
 ⑴拡充後の「伴走支援型特別融資」のポイント 
  ア.令和2年度に実施した新型コロナウイルス感染症対応資金(ゼロゼロ融資)をはじめ、他の保証付融資からの借換が可能
  イ.借換にあたっては、他の保証付融資との一本化や新たな資金需要に対応
  ウ.融資対象に、売上高総利益率及び売上高営業利益率の減少要件を追加
  エ.売上高減少要件も 15%以上減少から5%以上減少へ緩和
  オ.融資対象者①及び②については、県の補助により信用保証料負担ゼロ
  (2月28日(火曜日)が申込期限、3月31 日(金曜日)までに融資実行されるものが対象)
 ⑵「伴走支援型特別融資」の概要 
  融資対象者 経営行動計画書※を作成した次の①から③のいずれかの中小企業者等
  ①セーフティネット保証4号の認定を受けていること
  ②セーフティネット保証5号の認定を受けていること
  ③一般保証(以下のいずれかの要件を満たした場合)
   売上高、売上高総利益率又は売上高営業利益率が5%以上減少していること
     融資限度額:1億円
     融資期間:10年以内(据置期間5年以内を含む)
     融資利率:年1.8%以内(固定金利)
     信用保証:神奈川県信用保証協会の保証が必要
     信用保証料率:0%~0.8%
       (下線部分は今回拡充内容)
  ※融資に必要な経営行動計画書の作成については、公益財団法人神奈川産業振興センターの助言を受けることが可能です。ぜひご利用ください。

2. 融資のお申込 
○制度融資取扱金融機関融資窓口 
銀行:みずほ/三菱UFJ/三井住友/りそな/群馬/きらぼし/横浜/第四北越/スルガ/北陸/静岡/山梨中央/阿波/SBJ/東日本/東京スター/神奈川/大光/静岡中    央信用金庫:横浜/かながわ/湘南/川崎/平塚/さがみ/中栄/中南/さわやか/城南/西武/芝/世田谷/多摩/山梨信用組合:ハナ/神奈川県医師/神奈川県歯科医師/横浜幸銀/横浜華銀/小田原第一/相愛
政府系金融機関:商工組合中央金庫
○県金融課金融相談窓口(電話 045-210-5695) (平日8時 30 分~17 時 15 分) 

3 資金繰りや経営のご相談 
県金融課金融相談窓口(電話 045-210-5695) (平日8時 30 分~17 時 15 分)
公益財団法人神奈川産業振興センター 経営総合相談課(電話 045-633-5200) (平日8時 30 分~17 時 15 分)

情報をシェア
  1. 前の記事
  2. 一覧へ戻る
  3. 次の記事