よくあるご相談
本文はここから

【Q 22】配送業を営むB社。発注企業が破産、どう対応したらいいですか?

【Q 22】

2ヶ月分の請負代金の支払いが止まった状態で、発注企業の債権者説明会がありました。そこで弁護士から、「破産申立する予定で、あとは破産管財人の判断に委ねることになる」という話がありました。今後どう対応すればいいのでしょうか?

【A 22】

破産配当はありますが、今は成り行きを見守るしかありません。
破産申立をした会社は、申立直前に特定の債権者に弁済することはできません。弁済をしても後に否認の対象になります。
従業員給料などの労働債権と異なり、御社の債権は一般の破産債権として破産配当を受け得るに過ぎません。今から訴訟等を起こしても効果はなく、成り行きを見守るしかないでしょう。


  • ご覧いただいたQ&Aに関して、解決できない問題につきましては、ご来所・お電話または下記のお問い合わせからご相談ください。

お問合せ先

事業部 経営相談課へのお問合せはこちら
担当:
公益財団法人神奈川産業振興センター 事業部 経営総合相談課
住所:
〒231-0015 横浜市中区尾上町5-80
TEL:
045-633-5200
FAX:
045-633-5194