よくあるご相談
本文はここから

【Q 4】瑕疵による支払いの留保

【Q 4】

A社(資本金2億円)は、B社(資本金10億円)から製品の部品の製造を委託され納品しましたが、B社が先月組み立てた製品の一部に瑕疵が見つかったため、現在、原因を調査中であるとして、下請代金の支払を留保されています。当該製品の部品数は数百もあり、原因がはっきりするまで何ヶ月も下請代金の支払いを留保されることは、下請代金法上問題ではないのでしょうか。

【A 4】

A社とB社の取引は、「製造委託」に該当し、B社の資本金は3億円を超え、A社の資本金は3億円以下(2億円)であるため、下請代金法の資本金基準(3億円基準)を満たしており、下請代金法が適用されます。
B社は、数百ある部品の一部に瑕疵があったことを理由に、A社に対する下請代金の支払いを留保していますが、A社が納品した部品に瑕疵があったか否かが判明していない以上、支払いを留保する正当な根拠は認められないと考えられます。
したがって、当初定めた支払期日を過ぎて、なお、B社が下請代金を支払わなかった場合は、下請代金法の「支払遅延」(法4条1項2号)に違反するおそれがあります。
さらに、原因が不明のまま、下請代金の全部または一部を差し引くと下請代金法の「減額」(法4条1項3号)に該当するおそれがあります。


  • ご覧いただいたQ&Aに関して、解決できない問題につきましては、ご来所・お電話または下記のお問い合わせからご相談ください。

お問合せ先

事業部 経営相談課へのお問合せはこちら
担当:
公益財団法人神奈川産業振興センター 事業部 経営総合相談課
住所:
〒231-0015 横浜市中区尾上町5-80
TEL:
045-633-5200
FAX:
045-633-5194