よくあるご相談
本文はここから

【Q 4】ホームページ作成のためリース契約の申請書を営業マンに渡しましたが、解約したいのですができますか?

【Q 4】

婦人用品店を経営しているが、最近は売上高が減少している。
先日営業マン(サプライヤー)が来店して、ホームページを作成してみては如何ですかと巧みに勧誘され、ついその気になり、作成することにした。
その時にリース契約の申請書に署名捺印をした。
しかし、あとで考えてみると自分はパソコンができないので、ホームページの内容を季節ごと、イベントごと等に変えることができない等、ホームページをすぐに作成することはやめたいと思うようになった。
そこで今回はリース契約を解約したいのですができますか。

【A 4】

リース契約の申込書を渡してから間もなくの間であれば解約できることがあります。
営業マン(サプライヤー)にリース契約の申込書を書いて渡すと、一般的には間もなくリース会社から確認の電話が入ります。
そこでリース契約をすると答えればリース契約は確定します。しないと断ればリース会社によっては営業マンの会社(サプライヤー)とよく話し合って下さいということになり、リース料の支払いを保留にしてくれる場合があります。
こうなると、後は営業マンの会社(サプライヤー)と交渉して解約にもっていくよう話し合うことになります。


  • ご覧いただいたQ&Aに関して、解決できない問題につきましては、ご来所・お電話または下記のお問い合わせからご相談ください。

お問合せ先

事業部 経営相談課へのお問合せはこちら
担当:
公益財団法人神奈川産業振興センター 事業部 経営総合相談課
住所:
〒231-0015 横浜市中区尾上町5-80
TEL:
045-633-5200
FAX:
045-633-5194