かながわビジネスオーディション2017

受賞者の声

これまでに優秀賞等を受賞された方々の声をご紹介します。


  1. 【1】かながわビジネスオーディション2016【MINERVA賞】ユニクス株式会社
    「分子状水素溶解人工コラーゲンに関するビジネス」
  2. 【2】かながわビジネスオーディション2015【神奈川県知事賞】株式会社サーフ・エンジニアリング
    「管外面検査用昇降ロボット運用サービスで100年先の安心・安全」
  3. 【3】かながわビジネスオーディション2014【神奈川県知事賞】株式会社同位体研究所
    「栽培プロセス制御による高生産性農業事業化プロジェクト」
  4. 【4】かながわビジネスオーディション2013【神奈川県知事賞】株式会社片野工業
    「特許コロナ放電コア技術を活用した製品の開発と販売!」
  5. 【5】かながわビジネスオーディション2013【日本経営士会賞】フジクス株式会社
    「高齢者介護施設の新衛生管理  排水管の除菌高圧洗浄「管洗浄プラス」」
  6. 【6】かながわビジネスオーディション2012【神奈川県知事賞】合資会社次世代技術
    「アグリサーバを用いた広域農業情報クラウド」
  7. 【7】かながわビジネスオーディション2012【奨励賞(アイデア部門)&KIP賞】株式会社ユニオン産業
    「天然有機物を使用した抗菌性環境樹脂「ユニペレ」」
  8. 【8】かながわビジネスオーディション2011【中小企業診断協会神奈川県支部賞】奥村 千香
    「犬にも人にも優しいコミュニティスペースの開業」
  9. 【9】かながわビジネスオーディション2009【神奈川県知事賞】株式会社脳機能研究所
    「新しい脳機能イメージング法NATの開発」
  10. 【10】かながわビジネスオーディション2009【アイデア賞】小笠原 貴子
    「学童保育事業と子どもの習い事産業をマッチングした「子育て応援タウン」構想」
  11. 【11】かながわビジネスオーディション2008【KIP賞受賞】バイオメディカル研究所
    「デングウイルス血清型判別簡易診断キット」
  12. 【12】かながわビジネスオーディション2008【優秀賞受賞】株式会社音力発電
    「高機能振動発電装置の開発とその事業化」
  13. 【13】かながわビジネスオーディション2008【優秀賞受賞】株式会社テクノラボ
    「自社開発RPメタルエポキシ型を使った、プラスチック部品の少量生産システム」
  14. 【14】かながわビジネスオーディション2008【奨励賞受賞/KSP賞受賞】株式会社ナノエッグ
    「革新的DDSナノテクノロジープラットフォーム「NANOEGG/NANOCUBE」のライフサイエンス分野(医薬品・化粧品)での事業展開」
  15. 【15】かながわビジネスオーディション2007【奨励賞受賞】(株)アステム
    「脂肪燃焼モニターの事業化」

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2016【MINERVA賞】ユニクス株式会社
「分子状水素溶解人工コラーゲンに関するビジネス」


代表者 竹林 貴史
所在地 横浜市中区尾上町5-80 神奈川中小企業センタービル7階 【横浜オフィス】
TEL 045-228-9370
 「分子状水素溶解人工コラーゲンに関するビジネス」でMINERVA賞を受賞しました。受賞後、多数の企業から問合せをいただいております。
 さて、当社が扱う人工コラーゲンは、①安全性(ウイルスフリー)、②抗原性(無し)、③臭気性(無臭)、④耐熱性(120℃で分解しない)、⑤品質安定性(バラツキが無い)といった特長があります。さらに、人工コラーゲン水溶液に特殊な技術で均一に分子状水素を取り込むことで、水素の特長である強い抗酸化効果が期待できます。
 このビジネスプランは、アトピー患者や肌が弱いユーザーに対し、極めて安全性が高く、安心して使用できる非動物由来の新しい素材(抗酸化保湿材)を提供することを目的としています。
 かながわビジネスオーディションは、大きなビジネスチャンスを得ることができる素晴らしい企画です。新しいビジネスを目指されている皆さまに是非応募をお勧めします。入賞目指して頑張ってください。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2015【神奈川県知事賞】株式会社サーフ・エンジニアリング
「管外面検査用昇降ロボット運用サービスで100年先の安心・安全」


代表者 根本 秀幸
所在地 綾瀬市吉岡東3-10-3
TEL 0467-79-6506
 かながわビジネスオーディションは、当社にとっての大きな転換点になりました。
 様々な新聞社やテレビ局などのメディアに注目されるようになったことや、行政機関との連携、関係各所から複数の講演依頼を受けることになり、結果として、「のぼるくん」はもとより、当社自体の信頼度の向上や、PR強化に大きく繋がったと実感しております。
 ビジネスプランを固めていく作業そのものや、多くの関係者との出会い、そしてこのオーディションに注ぎ込んだチカラ全てが、皆さまのビジネスにとって、大きな意味を持つものと確信しています。
 かながわビジネスオーディション2016は記念すべき第20回目の開催となります。
 神奈川を盛り上げる活力となるよう、皆さまのチャレンジに期待をし、ご成功を祈念しております。共に神奈川を盛り上げましょう!

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2014【神奈川県知事賞】株式会社同位体研究所
「栽培プロセス制御による高生産性農業事業化プロジェクト」」


代表者 塙 章
所在地 横浜市鶴見区末広町1-1-40 横浜市産学共同研究センター
TEL 045-718-5457
 「栽培プロセス制御による高生産性農業事業化プロジェクト」というテーマで県知事賞を頂きました。
 少子化や後継者不足、TPP等日本の農業を取り巻く状況は厳しくなっています。
 日本は温暖な気候と豊富な水に恵まれ、優秀で勤勉な生産者がいるという農業にとって素晴らしい環境を有していますが、課題は小規模農家の生産性を如何に効率化するか、間尺に合ったIT化を如何に進めるかです。
 ビジネスプランの概要は、既存のハウスを利用し、栽培環境と植物状態をセンシングして栽培プロセスをモデル化、最小限のコストで栽培の主要事項を自動化して、統合制御する、このモデルを導入する施設をフランチャイズ化して生産量と安定した品質を確保するというものです。
 これからも日本の農業に貢献するべく開発を続けます。
 ビジネスプランをブラッシュアップするためにもオーディションに参加をお勧めします。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2013【神奈川県知事賞】株式会社片野工業
「特許コロナ放電コア技術を活用した製品の開発と販売!」


代表者 片野 明夫
所在地 横浜市中区本牧三之谷15-19
TEL 045-628-1016
 「特許コロナ放電コア技術を活用した製品の開発と販売!」というテーマでオーディションに応募し県知事賞を頂きました。
 大学教授をはじめビジネスの専門家による厳しい審査では「さまざまな気づきのある」有意義で有り難いコメントをたくさん頂戴し、さらに新聞に記事が掲載されたことにより多数の企業から問い合わせがあり注目度満点です。目標に向かって出来る事から一歩一歩、ぜひ、入賞目指して頑張ってください!

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2013【日本経営士会賞】フジクス株式会社
「高齢者介護施設の新衛生管理  排水管の除菌高圧洗浄「管洗浄プラス」」


代表者 竹之内 豊
所在地 川崎市川崎区貝塚1-8-2
TEL 044-245-0822
 高齢者介護施設の新衛生管理  排水管の除菌高圧洗浄「管洗浄プラス」で日本経営士会賞をいただきました。
 「管洗浄プラス」は次亜塩素酸水を高圧化させ、排水管内部を洗浄することにより汚れを除去すると同時に、管内に付着している細菌を死滅させることができる工法です。
 受賞後、神奈川産業振興センター等のご支援を受け、様々な施設にサービスをPRすることができました。その結果、当社のサービスを実際にご利用いただく機会に恵まれました。
 中小企業が行政と一体になることで、PRの場が大きく開け、サービスを提供したお客さまから感謝の声をいただけたことが最大の喜びです。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2012【神奈川県知事賞】合資会社次世代技術
「アグリサーバを用いた広域農業情報クラウド」


代表者 石井 忠司
所在地 相模原市緑区若葉台3-16-5
TEL 042-782-9317
 アグリサーバを用いた広域農業情報クラウドについて県知事賞を賜り感謝いたします。これは、電子百葉箱で集めた環境データをクラウドに蓄え、食の安全のために、また、農家の年収アップのために有効活用しようというビジネスモデルです。
 このオーディションのすばらしい点は、審査の各段階を進むにあたり、ブラッシュアップセミナーを受けられることです。人に伝えるときに自分の関心があることではなく、相手の関心があることを、熱意を込めて伝えるということを学びました。
 今後は、事業の成功にむけて精進を重ねたいと思います。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2012【奨励賞(アイデア部門)&KIP賞】株式会社ユニオン産業
「天然有機物を使用した抗菌性環境樹脂「ユニペレ」」


代表者 森川 真彦
所在地 川崎市中原区井田杉山町2-3
TEL 044-755-1107
 当社は昭和47年以降プラスチック成形加工を営んでおり、15年前より環境樹脂(植物原料プラスチック、CO2削減樹脂)の材料を製造してまいりました。
 今回のかながわビジネスオーディションで、奨励賞・KIP賞のW受賞をいただき、大変光栄に思っております。
 これらの受賞を無駄にせず、今後さらに前向きに進み少しでも社会貢献が出来るものづくりに力を注ぎ、異常気象や温暖化が進む中、役立つ製品を開発していきたいと考えております。
 今回ご賛同いただいたすべての方々に感謝いたします。
 ありがとうございました。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2011【中小企業診断協会神奈川県支部賞】奥村 千香
応募プラン名「犬にも人にも優しいコミュニティスペースの開業」


所在地 茅ヶ崎市
 この度は、中小企業診断協会神奈川県支部賞を頂戴し、大変光栄に思っています。受賞後は、中小企業診断協会の方がプランの実現に向け親切に相談に乗って下さり、オーディションに応募をして本当に良かったです。
 私は今回が2回目の応募でしたが、1回目の応募での至らなかった点を振り返り、内容を見直し今回の挑戦で結果を残す事が出来ました。多くのペットビジネスがある中、犬に関して自身が培った経験や技術を強みにし、他との差別化を図りながら今後も事業を進めていく予定です。
 発表後も多くの方々から、反響の声をいただき、応援して下さる方も増えてきました。少しずつ夢に近づいていることを実感しています。どんなことでも一生懸命の種を植えれば、必ずそれに見合った芽が出て来ると思います。
 今回応募なさる方も自分を信じて頑張ってください。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2009【神奈川県知事賞】株式会社脳機能研究所
応募プラン名「新しい脳機能イメージング法NATの開発」


代表者 代表取締役 武者利光
所在地 横浜市緑区長津田4259-3
TEL 045-211-9575
 「新しい脳機能イメージング法NATの開発」というテーマで、このオーディションに応募して知事賞をいただきました。
 これは認知症の代表例であるアルツハイマー症を簡易な方法で早期に発見して、その発症を抑制する目的で開発したものですが、脳梗塞による認知症、鬱病やほかの脳機能疾患の状態を脳表面に画像化できることがわかってきました。低価格高機能の新技術の自信作です。
 各方面からの支援が集まると開発がスピードアップします。お陰さまでこの受賞をきっかけにして、(独)科学技術振興機構(JST)、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、川崎市、横浜市、東京工大の同窓会などから支援を受け、大手の脳波計メーカーである日本光電工業(株)と共同して間もなく商品化できるところまでこぎつけました。
 われわれのような非力な小企業にとって、このような受賞で注目が集まることは非常にうれしいことです。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2009【アイデア賞】小笠原 貴子
応募プラン名「学童保育事業と子どもの習い事産業をマッチングした「子育て応援タウン」構想」


所在地 横須賀市
 「かながわビジネスオーディション2009」に創設されたアイデア部門で、アイデア賞受賞という光栄にあずかり、大変うれしく思っております。
 学童保育事業と子どもの習い事産業をマッチングさせた「子育て応援タウン」構想は、子育てに消費する時間や心の負担を軽減することを目的とし、子育て世代が負い目を感じることなく、心のゆとりを取り戻せる社会にしていくためのひとつの提案です。
 個人レベルでは実現できない大きな構想ですが、今回の受賞をきっかけに企業へのアプローチがしやすくなりました。結果はまだ出ていませんが、企業側も真剣に話をきいてくださいますので、実現に向けて一歩一歩がんばって進んでいこうと思っています。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2008【KIP賞受賞】バイオメディカル研究所
応募プラン名「デングウイルス血清型判別簡易診断キット」


代表者 宮崎 功
所在地 横浜市泉区和泉町3984-9
TEL 045-801-3026
 熱帯、亜熱帯で流行中のデングウイルス感染症に対する迅速、簡易型で、且つ疫学調査に適応する検査キットの開発、事業化の過程でビジネスオーディションに応募し、KIP賞を頂きました。
 応募に際し、第三者に説明するために自分達が行っていることを客観的に見つめ直したことで、自分達の弱点にも改めて気がつく契機にもなりました。そして、第三者から評価を得られたことで、自分達が行っていることが独善的では無く、ビジネスとしてもやっていけると自信を深め、日々の事業活動の大きな支えになっています。
 受賞後は、受賞以前にも増して神奈川産業振興センターに些細なことでも相談し、その都度アドバイスを頂き参考にさせて頂いています。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2008【優秀賞受賞】株式会社音力発電
応募プラン名「高機能振動発電装置の開発とその事業化」


代表者 速水 浩平
所在地 藤沢市遠藤4489-105
TEL 0466-48-7503
URL http://www.soundpower.co.jp
 「かながわビジネスオーディション2008」の優秀賞と言う、この様な大変名誉ある賞を受賞させて頂きましてありがとうございます。弊社のこれまでの取り組みをご評価頂きまして弊社といたしましても、とても励みになっております。今後も、この賞に恥じない様に精進させて頂きます。
 弊社は、多くの支援機関や支援者の方々にお世話になっております。特に、昨年度の神奈川産業振興センターのコンソーシアム事業に採択され、専属のコーディネータからのサポートなど様々な支援を受けております。
 ビジネスオーディションに応募することは、一つの目標になるため、興味があるようでしたら応募することをお勧めします。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2008【優秀賞受賞】株式会社テクノラボ
応募プラン名「自社開発RPメタルエポキシ型を使った、プラスチック部品の少量生産システム」


代表者 林 光邦
所在地 横浜市鶴見区小野町75-1
リーディングベンチャープラザ1-108
TEL 045-503-6098
URL http://www.techno-labo.com
 大量生産方式が業界標準となっているプラスチック部品業界に、少量生産のための仕組みを提案するプランで2007年のオーディションに応募し優秀賞を受賞いたしました。
 知名度もない創業間もない会社でしたが、受賞を機に神奈川県の「スタートアップ融資」を受けることで工場を稼動させることができました。
 また、受賞したことで多くの新聞にも取り上げていただき反響を得ることができました。
 受賞後は神奈川産業振興センターより継続的に支援を頂き、知財管理や広報活動などで支援を受けております。
 業界全体は空前の大不況の影響を受けておりますが、他社よりもいち早く回復軌道に乗ってきているのは支援のおかげと感謝しております。
 苦しい状況の会社が多い昨今、新規の起業は社会貢献でもあるはずです。かながわビジネスオーディションを機に新しい産業を生み出す方が増えることを願っています。

ページトップへ


かながわビジネスオーディション2008【奨励賞受賞/KSP賞受賞】株式会社ナノエッグ
応募プラン名「革新的DDSナノテクノロジープラットフォーム「NANOEGG/NANOCUBE」のライフサイエンス分野(医薬品・化粧品)での事業展開」


代表者 大竹 秀彦
所在地 川崎市宮前区菅生2-16-1
聖マリアンナ医科大学難病治療研究センター内
TEL 044-978-5231
URL http://www.nanoegg.co.jp/
 株式会社ナノエッグは、2006年4月創業の聖マリアンナ医大発ベンチャーです。ナノカプセル化技術「NANOEGG」とジェル状外用基剤「NANOCUBE」という2つの技術を持ち、1)アンチエイジング外用医薬品、糖尿病治療薬、脊髄損傷治療薬等を開発する医薬品開発事業、2)製薬会社や化粧品会社への原料販売事業、3)自社ブランド「MARIANNA(マリアンナ)」の化粧品通販事業を展開しております。
 2008年の奨励賞並びにKSP賞受賞という光栄にあずかって以来、神奈川産業振興センターからの紹介もあり、銀行・ベンチャーキャピタルからの投融資の問い合わせ、原料並びに「マリアンナ」化粧品の営業販路の紹介、メディアからの問い合わせ等を数多くいただくようになりました。
 神奈川県発ベンチャーとして更に羽ばたく足がかりを掴むために、皆さまオーディションでの入賞を目指して頑張ってください。

ページトップへ

かながわビジネスオーディション2007【奨励賞受賞】(株)アステム
応募プラン名「脂肪燃焼モニターの事業化」


代表者 代表取締役 鈴木 光
所在地 川崎市高津区溝口2-14-6 シマヤビル3F
TEL 044-833-8453
URL http://www.astem-jp.com/
 日常生活の中で、身につけることで脂肪燃焼を測定し、コントロールするという新しい概念を持ち込んだ「脂肪燃焼モニター」を開発し、事業化を目的としてビジネスオーディション2007へ応募したところ奨励賞を受賞しました。
 受賞後は、製品化を進めるため神奈川中小企業センター(当時)から事業化に関して継続的に支援を受けており、平成20年2月には「健康博覧会」で商品発表するまでに至りました。
 現在は、スポーツクラブ、通販業者へ販路を開拓し商品の認知度の向上に努めています。また、メタボリック対策として各地方自治体や企業健康保険組合などに対してもアプローチを進めています。

ページトップへ